妊娠中や搾乳中は仕方の無いことだけど、それでも少しでいいから乳首の黒ずみの悩みを解消したい!理想的なピンク色になりたい!と考えている女性はかなり多くいらっしゃいます。

 

そこでこれから先、乳首に黒ずみを生じさせないために、そして既に出来てしまった黒ずみを少しでも薄くするために、どのようなことから始めたら良いのでしょうか?

 

最も大切なことと言えるのが、黒ずみの原因であるメラニンが生成されてしまうことをとにかく避けるということが挙げられます。

 

乳首に対して刺激になってしまうようなことを一切避けるように生活をするだけでも、かなり黒ずみ予防に繋がります。

 

中でも特に下着や衣服のサイズには注意をして、無駄に乳首に対して摩擦を起こしたり、刺激を与えることの無いような着衣を心掛けるようにしましょう。

 

そして、妊娠中というのは、女性ホルモンが活性化することによって、乳首は黒くなってしまいますが、このホルモンのバランスが乱れてしまうことにより、将来的に黒ずみになるメラニン色素が沈着しやすい環境を作ることになります。

 

妊娠中は一定期間のみだからと言ってそのまま放置しておいたとしても、出産をした後に育児や家事などのストレスを抱えることで、結果ホルモンバランスに乱れが生じてしまい、黒ずんでしまった乳首が元に治らないなんてこともあります。

 

ですので日頃からホルモンバランスに乱れが生じることの無いように、ストレスをなるべく感じることなく、規則正しい生活を送るようにしましょう。