どうして乳首は黒くなってしまい、多くの女性を悩ませてしまうのでしょうか?
実はこの理由のは、お肌の色を作っているメラニンが大きく関係していると言われています。

 

そもそもメラニン色素というのは、外部からの刺激によりどんどんと生成される性質を持っているため、たとえ洋服と乳首がこすれてしまっただけでも生成されてしまうのです。

 

バストは紫外線の影響によるメラニン生成はどこまで無いかと思いますが、洋服とこすれてしますことは多く、それが原因となってだんだんと乳首が黒ずんでいってしまうのです。

 

メラニン色素というのは、お肌のターンオーバーによって排出されていくのですが、このターンオーバーが乱れてしまい、停滞してしまうことで徐々にシミになっていきます。

 

シミが出てきている乳首はまだらな色になります。
実は筆者もまだらな乳首でずっと悩んできていたのですが、今利用している美白クリームというのはシミに対して高い効果があるようですので、まだら乳首の悩みから解放されるのもそう遠くないかもしれません。

 

そして、妊娠中というのは、ホルモンバランスが乱れがちですので、その分メラニンが生成されやすい環境のことから、何もしなかったとしても乳首や脇に黒ずみが出来てしまいます。

 

もちろん産後少し経てば徐々に戻ってくる場合もありますが、一度黒ずんでしまった乳首やワキがそのままの状態で戻らない方も結構多くいますので、その場合には、美白クリームを使用してメラニンを排出してあげると良いかもしれません。