育児をしている女性で多い悩みの一つとして、授乳をしてあげる時に、乳首に痛みが生じるということがあります。

 

赤ちゃんがおっぱいを飲む時に、その吸い込む力が強いことから、その影響でバストトップに傷がついてしまうため、痛みを生じることがあります。

 

また、吸い込む力は一種の刺激となるため、この刺激によってメラニンの分泌が始まり、色素沈着してしまうことにより乳首に黒ずみが出来てしまうこともあります。

 

このことから、産後に母乳育児をしている女性の多くは、どうにかして乳首ケアをしようと考えるものなのですが、そこで色々と注意しなければいけないことがいくつかります。

 

母乳育児中の女性が使用する乳首クリームを選ぶ時、必ずそのクリームを販売している会社に授乳中でも使用して良いのかを確認するようにしてください。

 

100%信じてはいけないのは、サイトタイトルも聞いたことの無いような口コミサイトであったり、個人で運営管理している黒ずみ対策の情報サイトです。

 

そこに掲載されている情報をどこまで調べてどのように調べたのか全くわかりません。

 

ですので、情報サイトに頼るのではなく、直接販売サイトに確認をするようにしてください。さらにかかりつけの産婦人科の先生に相談するにも良いかもしれません。

 

販売サイトに聞くのは面倒くさいかもしれませんが、最近ではチャット機能が付いている販売サイトも多いので、いつでも気軽に問い合わせすることが出来るようになっています。